FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝!!20万!!

延べ人数だけど、このブログを見てくれた回数が200000を越えました。
20万って、本当にすごい数。


20万の一人一人に言いたいです。本当にありがとうございます。


必ず、何らかの形で恩返しをします。



スポンサーサイト

さようならドイツ、こんにちはアフリカ。

久しぶりの再開ですが、なんとも芸のないタイトルでごめんなさい。

3年におよんだドイツ留学を6月いっぱいで終える事にしました。思えば長くて長かった3年間。この3年間の総括はぼちぼちこれからやっていこうと思っています。このブログは『ドイツ留学徒然草』と銘打っていることもあり、ドイツ留学終了で終るつもりです。

さて、『これから』なのですが、この夏以降はアフリカのブルンジという世界でも最貧国での小児心臓外科の立ち上げの仕事に携わる事になりました。このブログでも何度か紹介してきました心臓先生がこの国の出身で、このプロジェクトに誘われました。この辺りのことは、別な場所でまたぼちぼちと書いていきたいと思っています。アフリカのブルンジには2年間の予定です。

最後のほうがぐだぐだになったこのブログですが、最後の数週間ですが、取り戻すべく(帳尻をあわせるべく(笑))少し頑張って書いていこうと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。






お詫び ブログ再開の延期

一部の方には4月1日にブログ再開の宣言をしてきましたが、再開の見通しが立ちません。大変申し訳ありません。

つくづく思うのですが、ネット上の情報というのは目的により様々な利用の方法があるようです。ブログはそのなかでも個人の日記という性質上、扱い方によっては僕自身に思わぬ影響を生み出すものであるということを、いまさらながら学んでいます。

このブログは個人の日記ではありますが、海外や留学や手術に関する情報提供、若い先生や学生さんからの相談の窓口、等身大の心臓外科あるいは心臓外科医についての理解を助けるツールといったような社会的な存在意義もあるのではないかと思って続けて参りました。簡単に言うと、少しでも誰かのお役にたてれば、と思っていました。

僕自身もこのような大義名分を隠れ蓑に、文章を書くということの純粋な楽しさを実感していましたし、普通に生活していては絶対に知り合う事のできない素晴らしい先生方と手術について話し合ったり、患者さんのご家族からたくさんの事を教わったり、このブログから得たものはいまではかけがえのない大切なものになっており、このような状況を非常に困惑しています。

恥ずかしながら、ようやく最近になり、信頼や信用には『安定感』がとても大切だと理解できるようになりました。このブログを安定感を持って運営できるようになるまで、ブログの再開は延期したいと思っています。再開を心待ちにして下さっているメールやメッセージをたくさん頂きましたが、その思いに応えられないことに大変申し訳ないと思うと同時に、このような自分自身を非常に恥じております。大変申し訳ありません。

ドイツは気がつくと雪が舞うような春の待ち遠しい日が続いていますが、日本は桜の季節でしょうか。新年度になり、新たな気分で毎日をおくられている事と想像しております。読者の皆様が、二度とない2013年春の新緑のようなさわやかなお時間を幸せに過ごされますよう祈念しております。

ビデオセミナー第2弾 Subaortic stenosis

告知!教育用ビデオの配信開始!

僕の今いる病院から、教育用ビデオをYoutubeで配信する事になりました。
どうぞお楽しみ下さい。

このブログの登場人物
A教授:この病院のボス。手術中の紳士的な態度もさることながら、普段の笑顔も素敵。 H先生:A教授と同じ立場のボス。手術中は吠える鬼神に化す。手術を離れるとびっくりするくらい温かい人。実はいろいろな人のことをよく考えているのはこの先生。スロバキア人。 心臓先生:定年まじかのベテラン心臓外科医。みんなの指導医で、論文の数も凄まじく、統計処理も天才的。アフリカのブルンジ人。 J先生:兄貴のような執刀医。明るくて楽しいのだけど、感情の起伏が激しくて手術中は叫びまくることも。でも、その次の瞬間には笑っている。ギリシャ人の血をひくドイツ人。2012年の8月からベルリンの小児心臓外科のボスとして赴任。 C先生:推定年齢45~48歳の女医さん。だれも本当の年齢は知らない。長くこの病院に勤めていて、J先生の去った後、ようやく執刀医の位置に。ドイツ人。 L先生:J先生の後がまで赴任してきた先生。アメリカで修行した経験あり。ドイツ人らしい慎み深いいい人。 P先生:30歳の唯一の若者。元気でいい奴だけど、ちょっと性格が悪く看護師さんからは嫌われていたりいなかったり。H先生と同じスロバキア人で、H先生の保護下にいる。やや過保護?! D君:元々はスクラブナースだったけど才能を見いだされて手術アシスタントに。
プロフィール

遮断鉗子

Author:遮断鉗子
心臓外科医のブログです。
小児心臓外科医(35歳 心臓外科 10年目)のドイツ留学記です。
2010年7月からドイツに。

毎日の手術の事を中心に。ドイツビールの紹介もしていきます。

心臓同好会
心臓を熱く語る、勉強するみんなの会です!! こちらにも遊びにきてくださ~い!!
遮断鉗子へのメールはこちらからどうぞ
記事に関係ないことを言いたい!!  他の人には読まれたくない!!  という方はこちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
来て下さった方々
最新トラックバック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。