FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駆け足の30分で、医療の未来を大胆予想してみる(4)。憂国の後半の後半。

日本を含む既存の欧米人のつくった世界と、そんなのくそくらえと思っている世界の2つに大きく分かれてしまった時。新しい世界の価値観がが古い世界を凌駕しようとしたら。中国製の安いカテーテル治療が世界中の多くの国で普通に使われはじめたら。

そうなったらという前提なのだけど、もしそうなったら、僕は日本の事がすごく心配になる。


日本人は、流行に敏感だし安くて良いものが大好きだと思う。これは素晴らしい事だと思う。その特性があったから、新しい物を生み出して、さらにそれはいつだって良い物だし、いつだって安くする努力がされている。だから、世界でも第3位の経済国家でいられるのだと思う。もちろん、それだけで全部が言える単純な話ではないけど。でも、日本人はそういう特徴を持っていると思う。

なんでもそうだけど、物事には善し悪しの両面がある。ちょっと極端な例かもしれないけど、わかりやすくするためにあえてあげるとすると、立ち食い本格フレンチレストランに行列ができているニュースに、最近ひどく驚いた。きっとお料理は本当に美味しいのだと思う。値段も随分安いと思った。立ち食いで、客の回転数を上げて低価格を実現しているというのは面白いビジネスだと思う。ただ、安くて美味しければ、フランス料理のしかもフルコースを立ち食いでも食べにいく、しかも、入店するまでに何時間も待つ、というのが、とても日本人的だと思った。批判している訳でも悪口を言いたい訳でも日本人を卑下している訳でもない。ただ、あ〜日本ってこんな国だったな〜と思い出したような気がした。

フランス人は自分たちの食に誇りを持っている。料理そのものもそうだけど、それを含めた周りの全ての物、空間や雰囲気、もっというと、レストランの椅子や机、食器、証明、食事を提供するウェイターさんの所作も含めて全部が文化とよべる価値のあるもので、全部が相互に共鳴し合って1つの世界を作っている。どれかだけを取り出して切り売りしたらその価値はかなり損なわれる。色鉛筆は12色そろっているから奇麗な絵が描けるのであって,いくら好きでも茶色だけで春の美しい花や木々の様子が描けないのと同じ事だ。

この立ち食いフランス料理フルコースのお店は、それを成立させている。それを支えているのは日本人の、安くて良いものが大好きという特徴だと思う。良い食事は座ってゆっくり楽しみたい、それにはそれなりの対価を払うし、払える自分に価値を見いだして、文化に触れたな〜といい気持ちになるのではなくて、立ち食いで、ゆっくり会話を楽しんだりできないけど、少し価値を損なうけど、安く美味しい物を食べにいく。しかも、長時間並んででも。



もし、中国製のカテーテルが他の国(いま、中国に医療を受けにいく人はいないと思うけど、例えば、タイとかインドとか)で使われていて、しかも治療費が非常に安価。日本で手術をすると大きな傷が出来るのに、あっちでは小さな傷ですむ。しかも入院期間は短い。なにやらインターネットで調べてみると、欧米では導入されていない最新の治療らしい。となった時に、その治療を受けにいきたいと思う日本人は決して少なくないと思う。僕がもし、そういう国の病院の宣伝部長なら、安くて新しい!!アメリカにもヨーロッパにもない、体に優しい治療!!という宣伝キャンペーンを日本ではって、きっと大儲け出来ると思う。もし、僕が日本で医師をやっていて、自分の患者さんが、そういう治療を受けにいきたいと言ったら、必死に止めると思う。自分の患者さんに将来性のわからない治療は受けさせたくないから。そして、きっと言うと思う。日本でその治療は受けられないけど、日本には安全性も確立されて、しかもそれは今だけじゃなくて将来にも及ぶ試験がされているあっちとは比べ物にならない安全な治療法があるのですよ。しかも、それは、保険で治療できるので、そんなところにいくよりずっと安く出来ますよ。と。

そう。自信のもと。ぶれないための軸。ヨーロッパの歴史や伝統、アメリカのアメリカNo.1みたいな物。それは日本の医療にとっては国民皆保険制度だと思う。

この制度があるから、日本人は安価で一流の医療を受けることができるのは誰もが知っていること。これが崩れたら、日本で高いお金を払うよりも、安くて良さそうだと思って、海外で中国製のカテーテルで治療を受ける人もかなり出てくると思う。それだけならまだいいけど、流行に敏感な日本人は、流行っているからそちらがメジャーと思って、あるいはそう勘違いして、既存の金のかかる古い規則や秩序をないがしろにしたり、捨ててしまったりしないだろうか。そんなことないよ、なんて自信を持って言える人がいるのだろうか。もしそうなったら、安いだけで安全性の保証されない医療を提供するあやしい医療国に日本はなりはしないか、と僕は心配になった。たった、30分の話を聞きながら、だったけど。



TPPの導入で医療の事が話題になることが増えてきた。経済はもちろん大事だけど、いままで先輩たちが努力して培ってきた医療の質を落とす方向に行かないで欲しいと思う。一度、失われるとそれはもう取り戻しがきかないものだってあるし、医療の質はその1つだと思う。それを防ぐには、現在ある保険制度は絶対に失ってはいけない、と僕は思う。








『駆け足の30分で、医療の未来を大胆予想してみる。(1〜4)』(終わり)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりでした。
再会早々に非常に考えさせられました。
実際には非常に優秀な高価なものを安価に手に入れることができているにもかかわらず、それが当たり前であり本当の価値を知らずに皆が恩恵に預かっている国民皆保険制度。日本独自の基準で(良い意味で)保険診療の採否を行っているのに、採用されていない良いものにみえるものが採用されていない時には猛烈な批判をして...現在の保険診療だけでも充分に素晴らしい医療なのに...
この制度の本当の素晴らしさを皆が共有しない限りは、破綻はそれほど遠い未来ではないのではと感じて止みません。

Re: No title

ルーラさん、お久しぶりです。コメントありがとうございます!!

経済はきっとすごく大事なのですが、すべてがそれで語られるのに恐ろしさを感じます。それに、この制度が当たり前になっていて、その本当の価値がだんだん理解されなくなっている雰囲気も恐ろしいと思います。医療をコンビニと同じおうなサービス業だと思っている人も少なくないですしね。

また、気軽にコメントお願いします!!
このブログの登場人物
A教授:この病院のボス。手術中の紳士的な態度もさることながら、普段の笑顔も素敵。 H先生:A教授と同じ立場のボス。手術中は吠える鬼神に化す。手術を離れるとびっくりするくらい温かい人。実はいろいろな人のことをよく考えているのはこの先生。スロバキア人。 心臓先生:定年まじかのベテラン心臓外科医。みんなの指導医で、論文の数も凄まじく、統計処理も天才的。アフリカのブルンジ人。 J先生:兄貴のような執刀医。明るくて楽しいのだけど、感情の起伏が激しくて手術中は叫びまくることも。でも、その次の瞬間には笑っている。ギリシャ人の血をひくドイツ人。2012年の8月からベルリンの小児心臓外科のボスとして赴任。 C先生:推定年齢45~48歳の女医さん。だれも本当の年齢は知らない。長くこの病院に勤めていて、J先生の去った後、ようやく執刀医の位置に。ドイツ人。 L先生:J先生の後がまで赴任してきた先生。アメリカで修行した経験あり。ドイツ人らしい慎み深いいい人。 P先生:30歳の唯一の若者。元気でいい奴だけど、ちょっと性格が悪く看護師さんからは嫌われていたりいなかったり。H先生と同じスロバキア人で、H先生の保護下にいる。やや過保護?! D君:元々はスクラブナースだったけど才能を見いだされて手術アシスタントに。
プロフィール

遮断鉗子

Author:遮断鉗子
心臓外科医のブログです。
小児心臓外科医(35歳 心臓外科 10年目)のドイツ留学記です。
2010年7月からドイツに。

毎日の手術の事を中心に。ドイツビールの紹介もしていきます。

心臓同好会
心臓を熱く語る、勉強するみんなの会です!! こちらにも遊びにきてくださ~い!!
遮断鉗子へのメールはこちらからどうぞ
記事に関係ないことを言いたい!!  他の人には読まれたくない!!  という方はこちらからメールをお送りください。

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
来て下さった方々
最新トラックバック
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。